title

奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中
弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の関連資料の情報公開

殺人未遂事件幇助の被告訴人: 木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)、岡田進弁護士(金沢弁護士会)、長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)、若杉幸平弁護士(金沢弁護士会)
名誉毀損罪の被告訴人: モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)
連携サイト: 市場急配センター殺人未遂事件に加担した4弁護士2裁判官の告訴告発 弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の情報公開
作成管理者: 石川県鳳珠郡能登町字宇出津 廣野秀樹
金沢地方検察庁御中

2014年1月26日日曜日

このような放言をする、この程度の幼稚な人物が、公共放送の会長という要職に 就いてしまうことにも、各方面で「失望」を招きそうですし/落合洋司弁護士

"=========== Meta ============
"StrID : 4666
"Title : このような放言をする、この程度の幼稚な人物が、公共放送の会長という要職に就いてしまうことにも、各方面で「失望」を招きそうですし/落合洋司弁護士
"Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
"Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,NHK,人物,幼稚,失望,世界,放言
"========== Content ==========


個人としていろいろな意見を持っていることと、公の場での発言、振る舞いを峻別できる人でないと、NHK会長のような職務は遂行できないのではないか、と率直に感じましたね。会長が、こうした発言を前面に出せば、職員の中には、会長の意見に合わない番組作りを躊躇する動きも出てくる可能性があるでしょう。上記のような政治的公平性というのは、上に立つ者がどういった意見を個人として持っていても、それを前面に出すことは慎み控えて、職員が十分な取材、検討を経て仕事ができるようにすることを、重要な要素とすべきだろうと思います。

このような放言をする、この程度の幼稚な人物が、公共放送の会長という要職に就いてしまうことにも、各方面で「失望」を招きそうですし、私も大きく失望しました。

これでは、世界の真ん中で大きく花開くどころか、世界の片隅に追いやられて次第に枯れてしまいかねないでしょう。

引用:2014-01-25 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」




0 件のコメント:

コメントを投稿