title

奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中
弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の関連資料の情報公開

殺人未遂事件幇助の被告訴人: 木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)、岡田進弁護士(金沢弁護士会)、長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)、若杉幸平弁護士(金沢弁護士会)
名誉毀損罪の被告訴人: モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)
連携サイト: 市場急配センター殺人未遂事件に加担した4弁護士2裁判官の告訴告発 弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の情報公開
作成管理者: 石川県鳳珠郡能登町字宇出津 廣野秀樹
金沢地方検察庁御中

2014年1月11日土曜日

その陰で、重要な問題が見過ごされたり、そのような状態が意図的に作り出され ることで、いびつな、歪んだ世論が形成されたり、といったことには注意する必 要があるような気がします。/落合洋司弁護士

"=========== Meta ============
"StrID : 4574
"Title : その陰で、重要な問題が見過ごされたり、そのような状態が意図的に作り出されることで、いびつな、歪んだ世論が形成されたり、といったことには注意する必要があるような気がします。/落合洋司弁護士
"Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
"Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,警察,世界,マスコミ,世論,インターネット
"========== Content ==========


逃走した被疑者を早期に発見、逮捕すべきなのは当然ですが、逮捕後の身柄の移送状況をニュースで見ていると、白バイが何台も伴走したり、ここまでやらなければならないのか、ということは、素朴、率直に感じる部分がありましたね。

最近の日本では、何か関心が集まるようなことが起きると、マスコミがそこにものすごく集中し「スクラム」状態が起き、インターネットでも皆が一気にそこに集中して、一種の「祭り」状態になる傾向がますます強まっているように感じます。それはそれとしてやむをえないとしても、その陰で、重要な問題が見過ごされたり、そのような状態が意図的に作り出されることで、いびつな、歪んだ世論が形成されたり、といったことには注意する必要があるような気がします。この逃走事件についても、海外では、反応が過剰ではと奇異な印象で受け止められているということを、事態が解決した後の今となっては冷静に受け止めておくべきでしょう。

引用:2014-01-10 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」




0 件のコメント:

コメントを投稿