title

奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中
弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の関連資料の情報公開

殺人未遂事件幇助の被告訴人: 木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)、岡田進弁護士(金沢弁護士会)、長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)、若杉幸平弁護士(金沢弁護士会)
名誉毀損罪の被告訴人: モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)
連携サイト: 市場急配センター殺人未遂事件に加担した4弁護士2裁判官の告訴告発 弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の情報公開
作成管理者: 石川県鳳珠郡能登町字宇出津 廣野秀樹
金沢地方検察庁御中

2014年1月26日日曜日

弁護側は当初、一部を不同意とする考えだったが、検察側が代わりに最大約 80人の証人尋問を行う方針を示したことなどから/PC遠隔操作で弁護側、検 察証拠の採用同意へ

"=========== Meta ============
"StrID : 4668
"Title : 弁護側は当初、一部を不同意とする考えだったが、検察側が代わりに最大約80人の証人尋問を行う方針を示したことなどから/PC遠隔操作で弁護側、検察証拠の採用同意へ
"Cats : 社会・世相・時代の参考情報
"Tags : 時事・ニュース,PC遠隔操作事件,検察,証拠調べ,弁護団
"========== Content ==========


パソコン遠隔操作事件で、威力業務妨害罪などに問われた元IT関連会社社員・片山祐輔被告(31)の弁護側が、検察側が提出する予定の証拠すべての採用に同意することがわかった。

 初公判は2月12日に開かれ、被告側は起訴された全10事件で無罪を主張して争う方針だが、公判の長期化は避けられる見通しになった。

 弁護団によると、検察側が証拠調べを請求するのは、片山被告のパソコンのデータ解析など約640点。弁護側は当初、一部を不同意とする考えだったが、検察側が代わりに最大約80人の証人尋問を行う方針を示したことなどから、同意することを決めたという。一方、弁護側は、データ解析を担当した捜査員らの証人尋問を請求する方針。
(2014年1月26日09時22分 読売新聞)

引用:PC遠隔操作で弁護側、検察証拠の採用同意へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)




0 件のコメント:

コメントを投稿