title

奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中
弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の関連資料の情報公開

殺人未遂事件幇助の被告訴人: 木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)、岡田進弁護士(金沢弁護士会)、長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)、若杉幸平弁護士(金沢弁護士会)
名誉毀損罪の被告訴人: モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)
連携サイト: 市場急配センター殺人未遂事件に加担した4弁護士2裁判官の告訴告発 弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の情報公開
作成管理者: 石川県鳳珠郡能登町字宇出津 廣野秀樹
金沢地方検察庁御中

2017年12月25日月曜日

%@nosaibaninko 裁判員制度はいらないインコ%法務省の価値観を押しつけている。刑事弁護も弁護活動が監視体制下にある。法律扶助も国選弁護もなぜ弁護士会は手放したのか

@nosaibaninko(裁判員制度はいらないインコ)の”法テラスの問題、行政訴訟で勝訴可能性がないといって扶助がおりなかったり、オーバースティの外国人の在留特別許可を得ても非正規職員の雇い止めを勝ち取っても報酬はゼロ。法務省の価値観を押しつけている。刑事弁護も弁護活動が監視体制下にある。法律扶助も国選弁護もなぜ弁護士会は手放したのか ”というツイートの記録

>>> TwitterAPIによるデータ取得日時: 2017/12/25 22:43:34 >>>
%投稿者:nosaibaninko(裁判員制度はいらないインコ)%
%投稿日時:2012/01/20 13:58%
%ツイートのURL:% https://twitter.com/nosaibaninko/status/160224578436726785
%ツイートの内容%
法テラスの問題、行政訴訟で勝訴可能性がないといって扶助がおりなかったり、オーバースティの外国人の在留特別許可を得ても非正規職員の雇い止めを勝ち取っても報酬はゼロ。法務省の価値観を押しつけている。刑事弁護も弁護活動が監視体制下にある。法律扶助も国選弁護もなぜ弁護士会は手放したのか
%      %


埋め込みツイート(デザインが適用されない場合、ツイートは削除済みの可能性があります。)
===========================================================
裁判員制度はいらないインコ(nosaibaninko):::投稿ユーザのプロフィール情報(2017年12月25日22時43分34秒頃の取得):
-----------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------
[name]ユーザ名称:裁判員制度はいらないインコ
[screen_name]ユーザ名:nosaibaninko
位置情報:東京都&インコのお山
ユーザ説明:
法務省の「サイバンインコ」に抗議してうまれた「裁判員制度はいらないインコ」。制度廃止まで人間界で頑張りますのでよろしく!好きな言葉「インコさんかわいいね」「インコさん好きだ」座右の銘「棚からぼた餅」「果報は寝て待て」「濡れ手羽に粟」将来の夢「立派な化石になって3億年後に発掘されること」国境なき猫もふ団
ユーザのフォロワー数:2711
ユーザのフォロー数:1255
ユーザがTwitterに登録した日時:2011-05-09 02:08:02 +0000
ユーザの投稿ツイート数:50817

===========================================================
===========================================================