title

奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中
弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の関連資料の情報公開

殺人未遂事件幇助の被告訴人: 木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)、岡田進弁護士(金沢弁護士会)、長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)、若杉幸平弁護士(金沢弁護士会)
名誉毀損罪の被告訴人: モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)
連携サイト: 市場急配センター殺人未遂事件に加担した4弁護士2裁判官の告訴告発 弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の情報公開
作成管理者: 石川県鳳珠郡能登町字宇出津 廣野秀樹
金沢地方検察庁御中

2017年12月6日水曜日

%@1961kumachin 中村元弥%「憲法的刑事弁護 弁護士高野隆の実践」を後半部分から読み始めたが、最初の浦和嬰児殺事件で、率直に「失敗」(結果は無罪)を語っておら

@1961kumachin(中村元弥)の”「憲法的刑事弁護 弁護士高野隆の実践」を後半部分から読み始めたが、最初の浦和嬰児殺事件で、率直に「失敗」(結果は無罪)を語っておられる。前提として、昭和の刑事弁護が、いかにとんでもないハンデ戦であったかが生々しくかつ淡々と語られている(若手は与えられた手段をフル活用すべし) ”というツイートの記録

>>> TwitterAPIによるデータ取得日時: 2017/12/06 05:09:33 >>>
%投稿者:1961kumachin(中村元弥)%
%投稿日時:2017/10/10 00:09%
%ツイートのURL:% https://twitter.com/1961kumachin/status/917406648171298816
%ツイートの内容%
「憲法的刑事弁護 弁護士高野隆の実践」を後半部分から読み始めたが、最初の浦和嬰児殺事件で、率直に「失敗」(結果は無罪)を語っておられる。前提として、昭和の刑事弁護が、いかにとんでもないハンデ戦であったかが生々しくかつ淡々と語られている(若手は与えられた手段をフル活用すべし)
%      %


埋め込みツイート(デザインが適用されない場合、ツイートは削除済みの可能性があります。)
===========================================================
中村元弥(1961kumachin):::投稿ユーザのプロフィール情報(2017年12月06日05時09分33秒頃の取得):
-----------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------
[name]ユーザ名称:中村元弥
[screen_name]ユーザ名:1961kumachin
位置情報:北海道旭川市
ユーザ説明:
北海道旭川市在住の自称若手弁護士。1961年兵庫県西宮市生。京都大学法学部卒。41期。平成元年判事補任官。大阪・旭川・東京地裁勤務。平成9年旭川弁護士会登録。平成17・18年度会長。現在,日弁連弁護士任官等推進センターや同刑事弁護センターの委員。判事補から田舎弁護士に転じて満20年。昨年度から旭川弁護士会副会長
ユーザのフォロワー数:7718
ユーザのフォロー数:1460
ユーザがTwitterに登録した日時:2010-04-21 17:03:09 +0000
ユーザの投稿ツイート数:139078

===========================================================
===========================================================