title

奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中
弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の関連資料の情報公開

殺人未遂事件幇助の被告訴人: 木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)、岡田進弁護士(金沢弁護士会)、長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)、若杉幸平弁護士(金沢弁護士会)
名誉毀損罪の被告訴人: モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)
連携サイト: 市場急配センター殺人未遂事件に加担した4弁護士2裁判官の告訴告発 弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の情報公開
作成管理者: 石川県鳳珠郡能登町字宇出津 廣野秀樹
金沢地方検察庁御中

2014年11月27日木曜日

富山連続婦女暴行冤罪事件

"=========== Meta ============
"StrID : 9781
"Title : 富山連続婦女暴行冤罪事件
"Cats : 社会・世相・時代の参考情報
"Tags : 時事・ニュース,再審無罪,公訴時効,告発,偽証,反省,捜査員,富山連続婦女暴行冤罪事件
"========== Content ==========


氷見市で2002年に起きた強姦(ごうかん)、同未遂事件で服役させられた柳原浩さん(47)が再審無罪になった「氷見事件」を巡り、当時の県警捜査員4人を富山地検へ告発した柳原さんの支援者らは26日、ずさんな捜査を改めて批判した。

 支援者らは告発後に富山市内で会見。井上清志さん(65)は、柳原さんが国や県に約1億円の損害賠償を求めている訴訟が10月に結審した際、県側が出した最終準備書面が告発の引き金だったとし、「『違法性はなかった』と繰り返し、反省がなかった」と厳しい表情を見せた。公訴時効については「訴訟でも虚偽の文書をもとに主張を展開している。行使がいまだに続いている」と話し、成立していないと説明した。

引用:富山)捜査方法を改めて批判 氷見冤罪事件で捜査員告発:朝日新聞デジタル



0 件のコメント:

コメントを投稿