title

奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中
弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の関連資料の情報公開

殺人未遂事件幇助の被告訴人: 木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)、岡田進弁護士(金沢弁護士会)、長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)、若杉幸平弁護士(金沢弁護士会)
名誉毀損罪の被告訴人: モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)
連携サイト: 市場急配センター殺人未遂事件に加担した4弁護士2裁判官の告訴告発 弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の情報公開
作成管理者: 石川県鳳珠郡能登町字宇出津 廣野秀樹
金沢地方検察庁御中

2014年4月28日月曜日

山中教授が会見「論文内容は正しい」 元画像はなく謝罪:朝日新聞デジタル

"=========== Meta ============
"StrID : 6152
"Title : 山中教授が会見「論文内容は正しい」 元画像はなく謝罪:朝日新聞デジタル
"Cats : 社会・世相・時代の参考情報
"Tags : 時事・ニュース
"========== Content ==========


京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は28日、所長の山中伸弥教授が2000年に発表した論文で、画像の疑義を指摘されて調査した結果、「画像の加工はなく、論文の内容は正しい」と公表した。ただ、画像の元データは残っておらず、山中教授は「データが自分の資料から発見できないことは研究者として、心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

 調査の対象になったのは、山中教授が筆頭筆者として欧州の分子生物学専門誌EMBO誌に発表した論文。掲載当時は、奈良先端科学技術大学院大学の助教授だった。

 CiRAによると、昨年4月ごろ、インターネット上のサイトで、遺伝子を解析した画像の中に酷似する部分があることや、グラフの形が不自然に整いすぎていると指摘された。

引用:山中教授が会見「論文内容は正しい」 元画像はなく謝罪:朝日新聞デジタル




0 件のコメント:

コメントを投稿