title

奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中
弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の関連資料の情報公開

殺人未遂事件幇助の被告訴人: 木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)、岡田進弁護士(金沢弁護士会)、長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)、若杉幸平弁護士(金沢弁護士会)
名誉毀損罪の被告訴人: モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)
連携サイト: 市場急配センター殺人未遂事件に加担した4弁護士2裁判官の告訴告発 弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の情報公開
作成管理者: 石川県鳳珠郡能登町字宇出津 廣野秀樹
金沢地方検察庁御中

2014年2月13日木曜日

元検事の落合洋司弁護士は「形式的には違法になる」と同意するが、「現行の目 的外使用の規定は検察のために作られたともいえ、窮屈すぎる」と指摘。/落合 洋司弁護士

"=========== Meta ============
"StrID : 4934
"Title : 元検事の落合洋司弁護士は「形式的には違法になる」と同意するが、「現行の目的外使用の規定は検察のために作られたともいえ、窮屈すぎる」と指摘。/落合洋司弁護士
"Cats : 社会・世相・時代の参考情報,弁護士
"Tags : 落合洋司弁護士(東京弁護士会),@yjochi,証拠の目的外使用,NHK,言及予定
"========== Content ==========


2014.2.11 10:00 (2/2ページ)

 弁護士会が刑訴法違反と認定したことに、元検事の落合洋司弁護士は「形式的には違法になる」と同意するが、「現行の目的外使用の規定は検察のために作られたともいえ、窮屈すぎる」と指摘。開示された証拠の使い道については「無制限ではなく、一定の合理的制約が必要」と言及しつつ、「今回の事件はすでに終結し、関係者に迷惑はかかっていない。可視化の議論に資するという重要な目的からしても、世に問う道が開かれているべきだ」と強調した。

 一橋大の村岡啓一教授(刑事法)も「刑事司法の枠外で無条件に証拠の使用が認められるのは適切でない」と規定の趣旨に理解を示した上で、「刑訴法が禁じる目的外使用は、公正で迅速な裁判を妨げる行為。刑事司法に関わる問題を指摘した今回の行為は例外といえ、柔軟に対応できる規定に改めたほうがいい」と提言している。

引用:NHKに取り調べ映像提供は「刑訴法違反」 専門家ら「法改正し柔軟運用を」+(2/2ページ) - MSN産経ニュース




0 件のコメント:

コメントを投稿