title

奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中
弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の関連資料の情報公開

殺人未遂事件幇助の被告訴人: 木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)、岡田進弁護士(金沢弁護士会)、長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)、若杉幸平弁護士(金沢弁護士会)
名誉毀損罪の被告訴人: モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)
連携サイト: 市場急配センター殺人未遂事件に加担した4弁護士2裁判官の告訴告発 弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の情報公開
作成管理者: 石川県鳳珠郡能登町字宇出津 廣野秀樹
金沢地方検察庁御中

2017年7月30日日曜日

鹿児島・冤罪事件の"決めつけ捜査"〜警察はこうして犯人を「捏造」する!(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社

逆転無罪を勝ち取った男性(以下Aさん)の主任弁護人を務めた、伊藤俊介弁護士が語る。
「今回の事件の捜査過程において、鹿児島県警が『証拠隠し』をした可能性は否定できません。というのも、裁判の争点となった女性(以下B子さん)の膣内に残っていた精液のDNA鑑定において、県警は明らかに不自然な報告をしているのです。まず、県警は捜査段階でDNA鑑定をした後、精液から採取したDNA溶液の残りをすべて廃棄している。さらに、鑑定の経過を記したメモまで捨てています。代替不可能な重要資料である溶液やメモを捨てるなど、通常ならあり得ません」福岡高裁宮崎支部で1月12日に開かれた控訴審。当時17歳だったB子さんをレイプしたとして、'12年に逮捕され、'14年の第1審で懲役4年の実刑判決を受けていた鹿児島市の元飲食店従業員のAさんに、無罪判決が言い渡された。
事件の最大の焦点となった精液のDNA鑑定で、鹿児島県警が不正を行ったのは明らかだ。事実、控訴審では、岡田信裁判長自らが「不正な捜査」に言及。これは極めて異例なケースだ。
〈(県警の)鑑定技術が著しく稚拙であって不適切な操作をした結果DNAが抽出できなくなった可能性や、実際には(別の男性の)DNA型が検出されたにもかかわらず、それが、その頃鑑定の行われていた被告人のDNA型と整合しなかったことから、捜査官の意向を受けて、(鑑定できなかったと)報告した可能性すら否定する材料がない〉Aさんを犯人へと仕立てあげた県警の「決めつけ捜査」は、それだけに留まらない。
県警は不自然な点ばかりのB子さんの供述を鵜呑みにし、まったく裏付け捜査を行っていないのだ。
鹿児島・冤罪事件の"決めつけ捜査"〜警察はこうして犯人を「捏造」する!(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社

0 件のコメント:

コメントを投稿