title

奉納\危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中
弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の関連資料の情報公開

殺人未遂事件幇助の被告訴人: 木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)、岡田進弁護士(金沢弁護士会)、長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)、若杉幸平弁護士(金沢弁護士会)
名誉毀損罪の被告訴人: モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)
連携サイト: 市場急配センター殺人未遂事件に加担した4弁護士2裁判官の告訴告発 弁護士と裁判官が共同で確定させた傷害・準強姦被告事件判決の再捜査要請に係る石川県警察珠洲警察署提出書面の情報公開
作成管理者: 石川県鳳珠郡能登町字宇出津 廣野秀樹
金沢地方検察庁御中

2014年12月8日月曜日

Yahoo!ニュース - DVやストーカー被害に国が弁護費用、法律相談は無料化 法 改正方針 (産経新聞)

"=========== Meta ============
"StrID : 9938
"Title : Yahoo!ニュース - DVやストーカー被害に国が弁護費用、法律相談は無料化 法改正方針 (産経新聞)
"Cats : 社会・世相・時代の参考情報
"Tags : 時事・ニュース,法テラス,犯罪被害者,ストーカー,法務省,法律相談,弁護費用
"========== Content ==========


DVやストーカー被害に国が弁護費用、法律相談は無料化 法改正方針

産経新聞 12月8日(月)7時55分配信

DVやストーカー被害に国が弁護費用、法律相談は無料化 法改正方針

ストーカー配偶者からの暴力(写真:産経新聞)

 ドメスティックバイオレンス(DV)やストーカー事件の増加を受け、法務省が日本司法支援センター(法テラス)の業務を定める総合法律支援法を改正し、被害者支援を強化する方針を固めたことが7日、分かった。法テラスを窓口に無料法律相談を受けられる資格要件を緩和するほか、経済的に余裕のない場合は加害者交渉や捜査機関との調整など法的手続きにかかる弁護士費用を国が負担。被害に関連するリベンジポルノ対策も対象となる方向だ。

 警察庁によると、昨年のDVの認知件数は4万9533件、ストーカーは2万1089件でともに過去最多を記録。昨年10月には東京都三鷹市で元交際相手からストーカー行為を受けていた女子高生=当時(18)=が殺害されるなど深刻な被害が相次いでいる。

 これを受け法務省は、今までは一定の収入や資産がないことを証明しなければ受けられなかった法テラスの無料法律相談を、DVやストーカー被害者であれば誰でも受けられるよう改正。さらに、経済力がない被害者に対し、必要な法的手続きの弁護士費用を国が負担する方針。被害が深刻化する前でも受け付ける。

引用:Yahoo!ニュース - DVやストーカー被害に国が弁護費用、法律相談は無料化 法改正方針 (産経新聞)



0 件のコメント:

コメントを投稿